小津安二郎記念・蓼科高原映画祭
上映作品

※上映作品、上映時間、ゲスト等はやむを得ない事情により変更になる場合があります

◆活動弁士と生演奏で贈るサイレント映画

ノートルダムのせむし男

 
©2018 Disney/Pixar. All Rights Reserved. 9月28日(土)9:45~
活動弁士:澤登翠さん、演奏:カラードモノトーンデュオ
新星劇場
監督 ウォーレス・ウォースリー
出演 ロン・チェイニー / パッシー・ルス・ミラー / ノーマン・ケリー
作品データ 1923年 / アメリカ / 95分 / 白黒サイレント
配給 ユニバーサル作品
原題 The Hunchback of Notre Dame

あらすじ

ノートルダム大聖堂の前に、一人の醜い赤ん坊が捨てられていた。彼は大聖堂の助祭長、フロロに拾われカジモドという名をもらう。彼は成長しノートルダムの鐘つきとなる。パリにやって来た美しいジプシーの踊り子エスメラルダに聖職者であるフロロは心を奪われる。欲情に悩み、ついにはカジモドを使ってエスメラルダを誘拐しようとする。しかしカジモドは捕らえられ、エスメラルダは衛兵フェビュスに恋するようになる。フェビュスとエスメラルダの仲は深まるが、実はフェビュスは婚約者がいる不実な男だった。捕らえられたカジモドは広場でさらし者になるが、ただ一人エスメラルダだけは彼をかばう。カジモドは人間の優しさを生まれて初めて知り彼女に恋をする。フロロも彼女に想いを募らせるが、エスメラルダの心はフェビュスにある。フロロは逢引をするふたりをつけて行き、フェビュスを刺して逃げる。エスメラルダはフェビュス殺害未遂の濡れ衣を着せられ、魔女裁判の元に死刑が言い渡される。カジモドはエスメラルダを救いノートルダム大聖堂にかくまう。しかしエスメラルダはカジモドのあまりの醜さにまともに顔を見ることすらできなかった。フロロはパリの暴動の矛先をノートルダム大聖堂に向けさせ、混乱の中エスメラルダを連れ出し、助命と引き換えに愛人になるよう迫るが、彼女はフェビュスを刺したフロロを拒んだ。フロロは彼女を衛兵に引き渡し、エスメラルダは兵士達に捕まり、処刑される。大聖堂の塔の上からそれを見届けるフロロを、カジモドは塔から突き落として殺す。数年後、処刑場を掘り起こすと、白い服装をしていた女性エスメラルダと思われる白骨に、異様な骨格の男の白骨が寄り添っており、それらを引き離そうとすると砕けて粉になってしまった。

 



実行委員会事務局:〒391-8501 長野県茅野市塚原2-6-1 茅野市役所観光課内 TEL.0266-72-2101 FAX.0266-72-5833